読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東経大ワンゲル監督のブログ

東京経済大学ワンダーフォーゲル部、木俣監督のブログです。

平成28年3月20日 那須岳春山登山

3月20日

  3連休に合わせ気持ちの良い山行を考えていましたが、所用が重なり挫折。なんとか1日だけゲットし、ワンゲル部H君と一緒に那須岳へ行くこととしました。以前にも行ったことのあるコースですが、中の大倉尾根を下り北温泉に着くのは初めてでした。東京を5時に出発して高速を順調に飛ばし8時過ぎには北温泉駐車場に到着した。帰りのことを考えロープウェイの駐車場まで行かずに手前から出発した。早速強風の洗礼だ。案の定ロープウェイは運休らしく観光客は残念だろうが、ほとんどの登山者は関係なく峰の茶屋を目指した。強風ではあるが春らしく、冬のように凍える

f:id:tkuwv:20160320091449j:plain

f:id:tkuwv:20160320104323j:plain

f:id:tkuwv:20160320114618j:plain

f:id:tkuwv:20160320131935j:plain

f:id:tkuwv:20160320135246j:plain

f:id:tkuwv:20160320135313j:plain

f:id:tkuwv:20160320160016j:plain

f:id:tkuwv:20160320160051j:plain

こともない。程なく峰の茶屋に到着し、茶臼岳を登るも視界はゼロ。ところどころ噴煙が上がる様は生きている火山とお見受けする。さあこれからは朝日岳、清水平、三本槍岳を越えていく。一番 の心配は道迷いである。特に清水平は斜面にうねりがありコンパス、地図が欠かせない。幸いにもかすかな視界と道標が雪上に出ていたため容易だった。が、三本槍の頂上を目指す分岐がわからなかった。結局カットし、中の大倉尾根をダイレクトに向かった。振り返って朝日岳、茶臼岳方面を見てもずっとガスの中であった。北温泉は「テルマエロマエ」のロケ地ではあるが、建物は木造の由緒ある歴史を感じ風情が漂う。温泉が素晴らしいのは当然のこと。帰りは東北道の大渋滞にはまり、常磐道まで迂回しながら帰路に着いた。