東経大ワンゲル監督のブログ

東京経済大学ワンダーフォーゲル部、木俣監督のブログです。

平成27年9月3日〜5日 Born to Summit(誕生から日本最高所)

 

 

9月3日  調布〜相模原市青根  62.7km  6:30-17:00

  突然の思いつき計画は、50歳代記念に何かやってやろうから始まった。それは産まれ故郷から富士山頂上まで歩き通してみようだった。なかなか踏ん切りつかずに何とか3日間を工面した。

  千葉を始発で出発し、調布駅を6:30スタートとなった。まだまだ夏の暑さが堪える。先を急ぐためすこし走り、産院、幼稚園、小学校、中学校、高校と順調に進めるが、ここから先は調布、狛江を飛び出す。国分寺まで一旦北上するので遠回りとなる。昼時になっても東京を脱出できない。これから山道に入っていかなければならないのにまずい。下手すれば夜中になってしまう。そこで目に入ったのが南大沢の自転車屋。人力であることには間違いないと自分を納得させあっさり挫けた。衝動買いしてしまいチャレンジを続けた。道志のみちの峠に入ると本降りになった。歩いていなくてよかったと安堵して安全運転で夕刻5時に青根集落に到着し、今宵の宿鶴屋旅館にお世話になる。

 

f:id:tkuwv:20151129130925j:plain

f:id:tkuwv:20151129130854j:plain

f:id:tkuwv:20151129130825j:plain

f:id:tkuwv:20151129130759j:plain

f:id:tkuwv:20151129130731j:plain

f:id:tkuwv:20151129130700j:plain

 9月4日  青根〜富士吉田市  43.9km   5:10-10:00

  早朝、 雨上がり地面は濡れているが、夜明けはお天気の兆しが見える。自転車を飛ばし峠のアップダウンは続くが歩きよりは全然楽だ。道志のみち最高所の山伏峠を越すと間も無く大きな富士山が飛び込んでくる。感動的だ。あっという間に山中湖に着く。さあもうほとんど楽な道路で途中、忍野八海を観光し、明日の富士山頂までの英気を養うこととする。

 

f:id:tkuwv:20151129130234j:plain

 

f:id:tkuwv:20151129130358j:plain

f:id:tkuwv:20151129125936j:plain

 我が連れの愛車となった?

f:id:tkuwv:20151129125901j:plain

f:id:tkuwv:20151129142743j:plain

 9月5日  富士吉田〜富士浅間神社〜富士山頂  4:10-12:00

    さあいよいよトップサミットを目指す。ここまで共にしてきた我が愛車はここで留守番してもらう。ヘッドライトを頭に神社鳥居をくぐり、昨日お参りを済ませた神社に再度一礼して進む。馬返までは林道が続き、隣の車道には時折車が上がっていく。昔の修験道らしく趣がある。決して難しいみちでなく、不明箇所もない。お薦めのコースである。3時間少々で五合目佐藤小屋に到着。しばらくすると新五合目からの登山者と合流して喧騒となる。「富士山保全協力金」1000円を渡し、富士の懐へお邪魔させていただく。ここからは人も多く、流れを見ながらも自分のペースを守って進んでいく。順調に吉田口頂上を11時に踏む。ぐるっとお鉢を回るが 、剣ヶ峰は順番待ちが長いのでパスし、ゆったりと昼食をとり、目的達成に酔いしれた。帰りの富士急行は懐かしき車両たちが出迎えてくれ満足が倍増し、おまけに乾杯のビールも付いた。

 

 

f:id:tkuwv:20151129144741j:plain

 

f:id:tkuwv:20151129144811j:plain

f:id:tkuwv:20151129125415j:plain

f:id:tkuwv:20151129125431j:plain

f:id:tkuwv:20151129125446j:plain

 

f:id:tkuwv:20151129125458j:plain

f:id:tkuwv:20151129125740j:plain

f:id:tkuwv:20151129125557j:plain

f:id:tkuwv:20151129125523j:plain

f:id:tkuwv:20151129173529j:plain