読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東経大ワンゲル監督のブログ

東京経済大学ワンダーフォーゲル部、木俣監督のブログです。

平成27年8月11日〜12日 奥秩父金峰山キャンプ登山

f:id:tkuwv:20150815182522j:plain

f:id:tkuwv:20150815182336j:plain

  家族会議で突然の旅行が決まった。金がかからず、満足感を得る。それはもう山しかないっしょ!直火OKのキャンプ場、それに山の麓ということで廻り目平キャンプ場をベースとした。

8月11日

  盆休み直前ということで渋滞なく信濃川上村には9時前には着いた。BBQの食材、ご当地高原レタスを買い込んだ。1500メートルを超えるベースキャンプは夜になるとぐっと気温が下がる。日中の暑さが嘘のようだ。焚き火の火が暖かで気持ち良い。明日の登山を前に早めに眠る。

8月12日

   どうも家族がメンバーだと朝は緩い。出発は7時半となった。正直小2の三男と運動不足の妻に不安がよぎる。山頂までの往復は辛いかもしれない。案の定妻のペースが上がらない。何とか4時間かけてピークに到着する。曇りの中にわずかな晴れ間が広がるも遠望は利かない。しかし、高いところは気持ち良い。みんなの気持ちも高揚する。五丈岩が大きく見える。慣れない足取りに下りは一層注意を払う。シラビソの森は凉しく、水気を持った土壌には至るところにキノコが生い茂る。最後の林道も長いが、清流の音を聞きながらひたすら歩む。キャンプ場に戻ると子どもにはご褒美のアイスが待っていた。帰路は南相木村の温泉につかり汗と焚き火の匂いを拭って、山を後にした。

 

 

 

 

 

f:id:tkuwv:20150816062059j:plain

f:id:tkuwv:20150816062130j:plain

f:id:tkuwv:20150816062157j:plain