読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東経大ワンゲル監督のブログ

東京経済大学ワンダーフォーゲル部、木俣監督のブログです。

平成26年12月23日   丹沢塔ノ岳登山

   冬靴を新調して雪山登山に行くべき足慣らし山行を計画した。身近な丹沢に参加してもらったのがH君。日帰りで遅くならないというところでヤビツ峠からの表尾根からの塔ノ岳頂上を目指し、大蔵尾根を下山するという定番になった。小田急線秦野駅からのバスは2台が運行となり昨今の登山ブームを象徴するかの賑やかさであった。小生たち少しひねくれていて終点前の蓑毛で下車し静かな山行がスタートした。あっという間にヤビツ峠に着き、しばらく車道を歩き富士見橋からは本格的な登山道となった。これから先最後まで本当に閉口したのが足場である。ほぼ全てぬかるみの泥道であった。冬山デビューの前に泥の洗礼を受けた山靴がかわいそうだ。おそらく登山ブームを支えるメッカがここ丹沢なのだと思う。これだけ人が入ればオーバーユースなのだろう。植物が生えるまもなく踏み固められればそこは土が丸だしになりおまけに今、冬の霜柱が溶け出せばぐちゃぐちゃになるのも必然。諦めて泥遊びを楽しむことにする。それでも景色は最高で相模湾がキラキラ輝き、富士は気高くそびえたつ。塔ノ岳は多くの人が集まり皆が昼食タイムであった。さすがに寒くラーメンがおいしい。さらっと下り渋沢駅前で乾杯。帰りは電車でゆっくり帰還となった。

f:id:tkuwv:20141231213941j:plain

f:id:tkuwv:20141231215142j:plain