読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東経大ワンゲル監督のブログ

東京経済大学ワンダーフォーゲル部、木俣監督のブログです。

平成22年5月9日 今シーズン初めてで最後の山スキー

平成22年5月9日 今シーズン初めで最後の山スキー

 

なかなかツアーに行かれない今日この頃。本格的なバックカントリースキーから随分と遠ざかっているような気がする。今年は雪が多く残っていると聞くとウズウズしてしまう。とうとう我慢しきれなくなり、ゴールデンウィークの最終日の好天が予想されるので出かけてしまった。早朝4時に出発すると8時前には天神平スキー場へ着いている。行く先は、谷川岳を通り、芝倉沢滑降と決めた。天神峠へのリフトは営業前のためシール登行を開始した。やはりこの時期だと稜線上はところどころ雪がない。そんなところは板を背負うしかない。それでも本峰直下はまだまだ銀世界。昼前にはトマの耳、オキの耳を通過した。一ノ倉岳と茂倉岳との大きく広がった沢の口が芝倉沢の出だしだ。雪はザラメで申し分ない。S次カーブあたりまでくると、脚がもうパンパンで踏ん張れない。長い距離を滑る体力がなくなってしまったのか、テレマークでは無理でアルペンターンで誤魔化すしかなかった。佳境を抜けると沢の水音が聞こえる。ここからは滑るラインを考えていかないとドボンと落ちれば命も危ない。藪をくぐり、雪を探しての歩くスキーと化す。最後の湯檜曽川に合流地点でおしまいとするが、ルートが怪しい。少し探すと虹芝寮が見つかったので、登り返し旧道へとつながった。板を背負って2時間の道のりをせっせと天神平スキー場まで戻りました。