読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東経大ワンゲル監督のブログ

東京経済大学ワンダーフォーゲル部、木俣監督のブログです。

平成21年7月20日 いよいよ夏山到来

平成21年7月20日 いよいよ夏山到来

 

関東地方は梅雨が明けた。といっても日本列島は九州南部とこの関東だけで、他地方は未だぐずつく中、山の中はどうだろう。早朝はいい天気での出発であった。3連休の最終日であるが、車は少なめ渋滞知らずで東北道を進み、いろは坂を越えて目的地の日光白根山を目指した。今回のスタート地点は金精峠を越えた菅沼。日光白根山の裏ルートにあたるが、すでに駐車場は盛況でやっとこさスペースを確保した。ホンドリスが道を横切り何やら幸先がよさそう。K氏とともに準備を整え9時半出発。ツガの樹林帯は適当な湿り気があり足元は弾力があって歩きやすい。1時間半程度の登りで一汗かくと山上の沼地の弥陀ヶ池に着く。目の前には日光白根山が大きい。ガラガラとした砂礫帯を登り出すが、石楠花の花や眼下の沼を見ながら疲れも忘れる。ほどなく頂上に着くと人が一杯いる。三角点ピークでさっさと写真を撮るとすぐにランチタイムとなった。雲の流れも早く遠望できるほど天気はよくないが、これから下る五色沼や遠く中禅寺湖も見え、格好の「おかず」であった。

下りはあっという間に五色沼まで降りてきた。風に冷気を感じ心地よい。この先弥陀ヶ池までの道はある意味この登山の核心部となったかも。鹿との遭遇であった。それも至近距離でいえば3mくらいまで近寄れた。目が逢ってもじっとしている。人間に対する恐怖心がないのだろうか。自然としては少し心配な気がする。弥陀ヶ池からは往路を戻る。危険な箇所もなく順調に下り、15時無事に下山できた。最高ピークの2577メートルに対して入山口は1735メートルという文明の利器を使ったかなりお手軽なコースであった。