東経大ワンゲル監督のブログ

東京経済大学ワンダーフォーゲル部、木俣監督のブログです。

平成29年7月7日 和歌山高野山女人道記

「仏ってる。」摩訶不思議な登山であった。結果は7時間歩き続けのハードな山歩きとなった。勝手に自分の中で高野山を神格化(本当は仏格化?)して崇めていた。それは女人禁制の厳しい修行を行なった地。心して入山した。山岳列車よろしく南海電車は必死に登る…

平成29年6月18日奥多摩川苔山登山

北岳を目指すこまこま隊、いよいよ始動です。梅雨といっても中休みの状態なので週末出掛けられました。奥多摩の川苔山(かわのりやま)です。立川からコトコト電車を乗り続けること1時間半。青梅から先は単線になり、多摩川に沿ったレールはどんどん山に囲まれ…

平成29年4月1日 ワンダーフォーゲル部62年目スタート

直前に栃木県高校山岳部員が雪山訓練中に雪崩に巻き込まれて亡くなるという痛ましい事故があった。冬山は行かないといっても、名のみぞの雪山である。危険は隣り合わせだ。我が部は60数年間死亡事故はない。ただし、未来はわからない。しかしながら山や自然…

平成29年3月19日 丹沢鍋割山登山

「鍋割で鍋焼き」を合言葉に高校同窓会の4人組で鍋割山を目指した。大倉尾根からは数度訪れたことはあったが、二俣経由は初めてであった。とにかく最初は林道が続き、全然登らない。標高650メートルで林道終点。さあこれから1200メートルまで一気の登りもラ…

平成29年2月26日 東京マラソンデビュー

辛かった。今でも信じられないゴールでした。東京マラソン顛末記にお付き合いください。過去10回のエントリーに敗れ去り、奇跡の当選が10月に決まった。なんと10倍を超す競争率の中、勝ち得た奇跡である。当然ここから猛練習が続くわけだが、年が明けてやっ…

平成28年10月30日 東海自然歩道(相模湖周辺ハイク)

日帰りでどこか面白い山はないか。ふと考えると今年の夏は高尾山によく通ったものだ。そこから派生する登山道があるではないか。東京の明治の森高尾国定公園を出発して大阪の明治の森箕面国定公園まで1600キロを越える超ロングトレイルの「東海自然歩道」だ…

平成28年10月23日 千葉アクアラインマラソン完走記

週末に最高の風を感じることが出来ました。それは海上を吹く風を全身で受け止め、一歩二歩と走り抜けること。前後には目標を同じくしたランナー達。千葉県木更津市を中心とした千葉アクアラインマラソンです。2年に1回の大会ですが高速道路を占拠できる日本…

平成28年8月5・6日 富士山登山

第2回目親子富士登山を敢行した。我が家の小6記念行事である。といっても歴史は浅いが、本人には登竜門の自覚がある。そしてこちらも一応30年以上の登山歴があるので、親の威厳を保つチャンスでもある。この行事もあと1回あるので小生の気力、体力を維持し…

平成28年6月25日 丹沢大山登山

今夏は富士山に友とともに(息子も一緒)チャレンジすることとなった。その予行演習と足慣らしを兼ねて大山詣でとなった。天気予報は芳しくなく雨具の試着が一番の成果となるのではと予想されたが、伊勢原についてみると雨はほぼ止んでいて絶好のスタートと…

平成28年4月17日 かすみがうらマラソン記

2年ぶりのマラソンレース。50代初めての狼煙は茨城県の霞ヶ浦でした。1ヶ月前にはふくらはぎの肉離れが起きるは、数日前には息子の運動会のリレー戦(選抜されるかのセレクション)練習に付き合い太腿の裏を傷めるという満身創痍状態であった。これは自分の弱…

平成28年4月1日 ワンダーフォーゲル部61年目

自然が続く限りはワンダーフォーゲル部も永遠なり。と思ってみても大事なのは人である。なにはともあれ60年続いてきたのだ。何をしてきたのだろう。創部始まって以来の「振り返り」を実施した。60周年記念誌である。過ぎ去っていった部員の軌跡が一冊の集大…

平成28年3月20日 那須岳春山登山

3月20日 3連休に合わせ気持ちの良い山行を考えていましたが、所用が重なり挫折。なんとか1日だけゲットし、ワンゲル部H君と一緒に那須岳へ行くこととしました。以前にも行ったことのあるコースですが、中の大倉尾根を下り北温泉に着くのは初めてでした。東京…

平成27年12月28・29日 中央アルプス経ヶ岳 木曽駒ケ岳 山行

12月28日 この時期の縦走の厳しさは気をつけなければならない。特に3000m級ともなれば、その寒さは尋常でない。よって往復コースとするため初日は適当なコースを探していたところ北部の経ヶ岳をトレーニングとして決めた。南箕輪村羽広仲仙寺から入山し、し…

平成27年11月22日 笹子峠周辺 大沢山から

冬寒の笹子駅に降りH氏と待ち合わせた。いかにも雨が降り出しそうな曇天の中を出発した。数人が同じ駅を降りたはずだが大沢山方面に向かったのは我々以外一人だけ。入山口から迷う。それもそのはずで神社の中が出発点。おまけに出だしのルートは2万5千分の1…

平成27年9月3日〜5日 Born to Summit(誕生から日本最高所)

9月3日 調布〜相模原市青根 62.7km 6:30-17:00 突然の思いつき計画は、50歳代記念に何かやってやろうから始まった。それは産まれ故郷から富士山頂上まで歩き通してみようだった。なかなか踏ん切りつかずに何とか3日間を工面した。 千葉を始発で出発し、調布…

平成27年8月27日 陣馬高尾山縦走

夏休み最後の楽しみのため、小5生4人と高2のお兄さんまで参加してくれました。 藤野駅を出発すると一気に陣馬山頂です。少し早めの昼食におにぎりをむさぼり、さあ山道ハイクです。富士山は見えませんが気持ちの良い縦走路をひたすら歩きます。途中の城山で…

平成27年8月11日〜12日 奥秩父金峰山キャンプ登山

家族会議で突然の旅行が決まった。金がかからず、満足感を得る。それはもう山しかないっしょ!直火OKのキャンプ場、それに山の麓ということで廻り目平キャンプ場をベースとした。 8月11日 盆休み直前ということで渋滞なく信濃川上村には9時前には着いた。BBQ…

平成27年7月24日 大分由布岳登山

九州出張ついでの登山を思いついた。半日少々しかないということでは遠出も出来ない。大分空港についたその足でレンタカーを駆使して入山口まで一気に行くことにした。できれば九重山までそして法華院温泉にでもと思ったが無理だとわかった。大分の名峰、別…

平成27年5月2日〜4日 尾瀬沼燧ヶ岳春登山

5月2日 連休真っ只中に出掛けるため渋滞を回避する手段に出た。前夜出発し、夜半の那須塩原にある道の駅にテントを張って仮眠する。予定通り朝には七入の入山口に着いた。ここから尾瀬沼まで沼田街道を行くのだが、今時分は入山者は皆無だ。残雪のラッセルと…

平成27年4月1日  ワンゲルスタート

平成27年度のワンダーフォーゲル部の幕開けです。今年は創部60周年という記念の年になります。ひとえに60年といっても各世代の思いの募った歴史そのものです。我らの部を例えるならばバネです。あの螺旋状のぐるぐると回って何周も続く終わりなく伸びていく…

平成26年12月28日~30日 仙丈ケ岳・甲斐駒ケ岳 冬山登山

28日:入山口の戸台は山梨から南アルプスを裏手に回るので少し遠い。10時にスタートとできれば御の字というドライブであった。戸台橋周辺は道も氷つき、戸台河原の駐車場まで行く勇気がなく丹渓荘前空地に置くこととする。ここから河原の道をあるくことにな…

平成26年12月23日   丹沢塔ノ岳登山

冬靴を新調して雪山登山に行くべき足慣らし山行を計画した。身近な丹沢に参加してもらったのがH君。日帰りで遅くならないというところでヤビツ峠からの表尾根からの塔ノ岳頂上を目指し、大蔵尾根を下山するという定番になった。小田急線秦野駅からのバスは2…

平成26年10月19日 千葉アクアラインマラソン完走記

日曜日に海の上を走ってきました。正確には道路の上ですけど。千葉アクアラインを木更津〜海ほたる間往復を含む42.195kmのフルマラソンです。1万人を超える参加者でした。朝からドピーカンのお天気で気温は22,23度と走るにはちと暑すぎに感じました。10時の…

平成26年9月8日・9日 白馬三山登山

9月8日 思ったより白馬は遠い。高速を使っても5時間かかった。好天の予報がされているので心の余裕がある。白馬駅のメインストリートからは白馬三山がバッチリ見えている。登山口の猿倉には既に人出がない。10時となればもうほとんどが山中の人となっている…

平成26年4月20日 かすみがうらマラソン完走記

懲りもせず昨年に引き続きマラソンチャレンジしてきました。結果的には完走を果たし昨年の記録を5分縮めたのでOKなのですが、色々とありました。30キロを超える距離を走っていなかったので本番はきつくなることを覚悟していましたが、準備の段階で大失敗。汚…

平成26年4月1日 ワンゲルの目指すところは・・・

前例に囚われない。正確に言うと前例を知らない。これが今のワンゲルの姿である。2年生以下しかいないので2年以上前は何をしていたか、写真や記録でしか分からない。全ては初めてのことでいつもチャレンジできる。偉そうで怖そうな先輩もいない。自分たちの…

平成26年3月22日・23日 谷川岳雪山登山

【3/22】 この時期は数度となく谷川岳周辺に出かけていたが、年によって条件が異なってきた。ある時は芝倉沢スキー滑降のためあらかたの雪は雪崩落ちて、積雪は安定してまさに残雪期といった装いであった。今年は違う。とても寒く雪の多い年であった。特…

平成26年1月4日・5日 北八ヶ岳雪山ハイク

【1/4】 部員と行ける冬山はどこか?と考えた結果、冬山初心者でも受け入れてくれる北八エリアをターゲットにして小屋泊まりができる安心感を得てピラタスロープウェイから入山することした。お相手は部員きっての強力マンことH君。朝一に東京を立ち9時一…

平成25年9月5日~7日 奥穂高岳夏山登山

初日:関東地方では竜巻が猛威を振るうほど大気が不安定な状態となった。そんな時期 に山に入ったらひとたまりも無いと思いきや、行ってみなければわからない。ダメならテン場で停滞だな。元気な1年生2人引き連れて山に向った。マイカーでの終点である沢渡に…

平成25年5月3日・4日  新緑のキャンプ登山

5月3日 今回はワンゲル新入部員のH君、I君と一緒に行くこととなった。話を聞いてみると二人とも高校時代に山岳部ということもあり山には明るい。場所の選定にしてもレパートリーが広がった。一からの自炊ができ、周りの自然が豊かで、登山対象となる山に雪…

平成25年4月21日 かすみがうらマラソン完走記

今体中が悲鳴を上げている状態でパソコンに向かっています。ようやっと報告できます。フルマラソンに完走できました。15年ぶりということで自分にとっては快挙。本当に自分自身の肉体と精神を褒めてあげたい気分です。今日はその感想と感激にお付き合いくだ…

平成25年4月1日 ワンゲルの灯を絶やさないで!

平成25年4月1日 ワンゲルの灯を絶やさないで! 新学期早々少々暗いスタートで申し訳ない。平成21年度入部生がこの3月で卒業し、その技術を受け継いだ部員はいなくなった。これは残念なことである。教える、教わるという関係はどちらの成長も促す。身に…

平成25年2月9日 那須連山雪山登山

平成25年2月9日 那須連山雪山登山 久しぶりに冬山に行きたくなった。スキーばかりで久しくアイゼンを使った山に行っていなかった。アイゼンを新調し、1月4日に那須岳へ行ったのだが、冬型気象が強くて敢え無く撤退したのだった。そのリベンジということ…

平成24年4月30日 上越巻機山スキー登山

平成24年4月30日 上越巻機山スキー登山 【4/30】 どうも最近は、GWでも直前にならないと重い腰があがらない。家族の用だ、天気が心配だとの言い訳をして、ようやく4月30日が天気はまずまず、家族の許しも得て出発することとなった。例年になく多…

平成24年4月1日 ワンゲルって何だ?

平成24年4月1日 ワンゲルって何だ? 身の回りには生活を便利にするもので溢れています。必要不可欠であるかは、本来自分で決めます。しかし、考えてみてください。社会の要請であったり、人が利用するからといった他人任せのことが多くありませんか?不変と…

平成24年1月2日 北八ヶ岳スキー周遊

平成24年1月2日 北八ヶ岳スキー周遊 【1/2】 クロスカントリーっぽいスキーがしたくてエリアを探していた。やはりなじみのある 北八ヶ岳が候補にあがった。手軽な入山口としてピラタスロープウェイを選び、まずは麦草ヒュッテを目指し、北横岳坪庭を…

平成23年8月30日~9月1日 剣岳

平成23年8月30・31日・9月1日 岩の殿堂の剣岳を目指す 【8/30】 2年前の穂高に続き、やはり岩山が恋しい。危険地帯もあることからルート選択、メンバー打合せと慎重に検討し、部員3名と私の4名での出発となった。八王子から中央道豊科IC間…

平成23年8月18日 相模湖から高尾縦走ハイキング

平成23年8月18日 相模湖から高尾縦走ハイキング 山岳会の毎年恒例「高尾ビアマウント」のお誘いがあった。ハイキングをして着いたところで、飲み放題、食べ放題である。息子とその友達を誘ってみた。二つ返事でOK。さあ、小6の4人が達成感を味わえるコース…

平成23年8月11日 富士山登山

平成23年8月11日 富士山登山 愚息と山に登るのも久しぶりである。小6になる長男もそろそろ本格的な山でもよかろう。日本一となれば格別である。節電の夏にぴったりで涼しいぞ。そして夏休みの自由研究にもなるぞとの誘いに軽くのってきた。御来光登山が当た…

平成23年4月29日 陣馬・高尾縦走ハイキング

平成23年4月29日 陣馬・高尾縦走ハイキング 高尾駅には新人1名を含む総勢9名がそろった。新緑ハイキングにはもってこいのお天気となった。陣馬山には難なく登ると白馬の像が待ち構えていた。見渡す遠景に富士山はない。少し霞がかかった晴れである。これから…

平成23年4月1日 がんばれ日本!復興東北!

平成23年4月1日 がんばれ日本! 復興東北! ご入学おめでとう。歓迎騒ぎでないのは重々承知ですが、新しい門出です。フレッシュな気持ちを大切にしてください。 この度の震災は、我々の生活にも直接影響したことや未曾有の被害を出したことでこれからの生涯…

平成22年9月2日・3日 北の大地の楽園を目指して

平成22年9月2日・3日 北の大地の楽園を目指して(十勝岳)(ニセイカウシュッペ山) 2年ぶりに美瑛自然の家を利用した夏合宿に参加した。大学名を背負って参加する部員達は自覚があったことでしょう。せっかくの機会ですから、地元の人々との交流や部…

平成22年5月9日 今シーズン初めてで最後の山スキー

平成22年5月9日 今シーズン初めで最後の山スキー なかなかツアーに行かれない今日この頃。本格的なバックカントリースキーから随分と遠ざかっているような気がする。今年は雪が多く残っていると聞くとウズウズしてしまう。とうとう我慢しきれなくなり、…

平成22年4月1日 自然人をめざそう! 地球人宣言!

平成22年4月1日 自然人をめざそう! 地球人宣言!! ご入学おめでとう。大学生はりっぱな大人です。法律的には未成年かもしれませんが、社会的には責任を持って行動する仲間の一員と認められます。大学生活は自らがアクションを起こさないと発展しません。勉…

平成22年1月4日・5日 雪遊びを楽しもう

平成22年1月4・5日 雪遊びを楽しもう 昨年に引き続き雪と温泉と酒を楽しむために部員に声かけたところ、4年生1名、1年生2名が手を挙げてくれた。お付き合い感謝します。 さて、スキーを履いたこともない1年生でしたので昨年同様に長野県高峰温泉の…

平成21年12月5日・6日 トレッキングマスター

平成21年12月5・6日 トレッキングマスター 【12/5】 ある雑誌をのぞいたところ、標記の資格があることを発見。さっそく申し込み、久しぶりに座学に興じた。健康、自然環境、気象、山岳知識と山盛りで受験生に戻ったようで最後にはペーパーテストが…

平成21年9月4日~6日 憧れの穂高連峰へ

平成21年9月4・5・6日 憧れの穂高連峰へ 【9/4】 北アルプスへ行きたいとの私の要望に応えてくれた部員4人とともに出かけた。国分寺を6時過ぎに出発し、中央道を車で飛ばしマイカー規制の始まる「沢渡」に11時到着。タクシーで上高地入りした。…

平成21年7月20日 いよいよ夏山到来

平成21年7月20日 いよいよ夏山到来 関東地方は梅雨が明けた。といっても日本列島は九州南部とこの関東だけで、他地方は未だぐずつく中、山の中はどうだろう。早朝はいい天気での出発であった。3連休の最終日であるが、車は少なめ渋滞知らずで東北道を…

平成21年6月21日 雨の御岳山~大岳山

平成21年6月21日 雨の御岳山~大岳山 梅雨時期の山行でしょうがないとはいえ、晴れという一抹の期待も簡単に裏切られてしまった。今回はメンバーに「読図登山」という一つのテーマを与えた。これは地図を見ながら山を歩くということ。現在地の把握、進路の同…

平成21年4月1日 ようこそワンゲルワールドへ

平成21年4月1日 ようこそワンゲルワールドへ ご入学おめでとう。いよいよ未知の4年間のスタートですね。大学時代に人間力を鍛えるために勉学と余暇活動は必修です。本分は勉強ですが、大学生活を充実させるためにプラスαは大事な要素となります。おもいきっ…