東経大ワンゲル監督のブログ

東京経済大学ワンダーフォーゲル部、木俣監督のブログです。

平成29年7月7日 和歌山高野山女人道記

「仏ってる。」摩訶不思議な登山であった。結果は7時間歩き続けのハードな山歩きとなった。勝手に自分の中で高野山を神格化(本当は仏格化?)して崇めていた。それは女人禁制の厳しい修行を行なった地。心して入山した。山岳列車よろしく南海電車は必死に登る。観光客は「極楽橋駅」を降りると、ケーブルカーに乗って「高野山駅」からバスで高野山に入る。が、私は極楽橋駅で下界を捨て、極楽浄土に向かって歩き出した。そして女人堂に到着。高野山というのは周囲を1000メートル級の山に囲まれた800メートルの盆地に位置し、高野山に入る7つの入口に女人堂があり、女子の参拝はここまでだったらしい。ただ、現存するのがここ極楽橋から入るものだけとなっている。「高野山七口女人道」は一見しっかりとした登山道だが、山に入ったり、村に出たりの繰り返しで道が…?分かれ道が発生するとどちらがメインの道か見極めるのが難しい。思い込みからやってしまった。全然違う方向に1時間もロスしてしまい、体力も消耗。字は違えども「転軸山」で迷う所は仏の罰か。その後は「楊柳山」「魔尼山」と順調に進むも展望が全くない。どこまでも森の山なのである。眼下に広がる高野山を期待したが外れた。平日のせいかすれ違う登山客も2組しかいなかった。このまま女人道を1周してしまうと「金剛峯寺」も「壇上伽藍」も見ずに帰ることになってしまう。考えた末、高野山南側の女人道はカットし、高野山のメインストリートを歩くことにした。「中の橋」に降りてくると、やはり寺町。参道はお寺だらけである。高野山真言宗の総本山の金剛峯寺も華美を排した建物は好ましい。たまに往来する僧侶を見ると俗世を絶った者が住まう地と想像する。高野山の入口に当たる「大門」をくぐると、また女人道に戻る。私にとって山道とどっちが俗世か言い難いが、一応高野山を離れた。最後の山「弁天岳」もあっけなく陥とすと、女人堂に戻り1周してきた。15時いい時間だ。さあて後は下山と安心して歩いていたところ、またも道迷い??地図にない遊歩道に行ってしまった。途中の道標だけが頼りであるが、またも「転軸山」を目指す方角。冷静に冷静に来た道を戻り、分かるところまで帰る。何か「天竺」に迷いこんでしまった不思議な気持ちだ。16時に極楽橋を渡ると本当に俗世に帰ってきた。本数の少ない南海電車が、私を見かけて出発時間を過ぎても待っていてくれた。俗世も捨てたもんじゃないなあ。

平成29年6月18日奥多摩川苔山登山

北岳を目指すこまこま隊、いよいよ始動です。梅雨といっても中休みの状態なので週末出掛けられました。奥多摩の川苔山(かわのりやま)です。立川からコトコト電車を乗り続けること1時間半。青梅から先は単線になり、多摩川に沿ったレールはどんどん山に囲まれていき、谷が深くなっていきます。そんなわずかな平地に集落があるのが奥多摩です。東京都の奥座敷と呼ばれます。相変わらず山ブームなのか、ほぼ満員の車内はリュック、会話も華やかです。終点奥多摩駅で6両編成からのお客さんはバスへと乗り継ぎますが、到底1台では運び切らず、3台の増車で我らを登山口に連れていってくれました。登山口も多くの人が溢れ、思い思いに仕度をしてから出発です。沢に沿った道を歩くこと30分足らずでもう周りに人はいません。山が大きいのか、人がちっぽけなのかあっという間に自然に溶け込まれた感がします。水が豊かイコール森が豊かです。落葉広葉樹林は緑明るく空を覆うように映えています。稜線を境にしばしば杉の針葉樹林と対照的な景色が広がります。杉はほぼ植林なので人工的です。手入れをしないと暗い林はどんどん鬱蒼としていき、下草は生えず森は死んでいきます。人が「飼っている」森なのです。林業は地道に手入れをし、100年、200年先の収穫を目指します。山名の由来にもあるとおり水苔が美しい道が続きます。途中にある落差25メートルもある百尋ノ滝(ひゃくひろのたき)は見事です。滝の上下からミストを浴びると天然クーラーになり、寒いくらいです。英気(冷気?)を養い、いよいよ登りの本番です。いくつかの急登を抜けるとあっという間に少し開けた頂上です。おお、朝の混雑がやってきました。朝の顔触れが全員集合です。目標達成の顔は皆晴れやかです。中には祝杯乾杯するグループも。スポーツですからほどほどが良いですね。
よく言われる事ですが、登山は人生の縮図と。目指す高嶺は違えども目標に向かっていく姿はそれぞれが輝かしく、似てはいても一人一人のコースは違うし、ペースも異なる。大休止、小休止、一気呵成、断念と個性豊かに山も人生も歩みたいですね。

f:id:tkuwv:20170704144747j:plain

平成29年4月1日 ワンダーフォーゲル部62年目スタート

直前に栃木県高校山岳部員が雪山訓練中に雪崩に巻き込まれて亡くなるという痛ましい事故があった。冬山は行かないといっても、名のみぞの雪山である。危険は隣り合わせだ。我が部は60数年間死亡事故はない。ただし、未来はわからない。しかしながら山や自然で得られるものは無限大である。そしてそこには無事故という前提がある。部員一同総力を結集して頑張ってほしい。エールを贈る。

f:id:tkuwv:20170401133815j:plain

平成29年3月19日 丹沢鍋割山登山

f:id:tkuwv:20170328202324j:plain

f:id:tkuwv:20170328202339j:plain

f:id:tkuwv:20170328202353j:plain

f:id:tkuwv:20170328202405j:plain

f:id:tkuwv:20170328202420j:plain

f:id:tkuwv:20170328202432j:plain

「鍋割で鍋焼き」を合言葉に高校同窓会の4人組で鍋割山を目指した。大倉尾根からは数度訪れたことはあったが、二俣経由は初めてであった。とにかく最初は林道が続き、全然登らない。標高650メートルで林道終点。さあこれから1200メートルまで一気の登りもランチタイムにはしっかりと到着した。山荘は鍋焼きうどんを待つお客で一杯だ。システムがあるらしく伝票に名前と個数を書いて、小屋内で名前を呼ばれるまでじっと待つ。守らないと店員さんに怒られるが、手にして食べてみるとこんな場所で、この味!感動ものである。ビールとともに満腹満足で下山するが、帰りは王道の大倉バカ尾根を通り暗くなる前の17時過ぎには大倉着。渋沢では絶好の打ち上げ場所見ーつけ。

平成29年2月26日 東京マラソンデビュー

f:id:tkuwv:20170226095225j:plain

f:id:tkuwv:20170322200157j:plain

f:id:tkuwv:20170322200217j:plain

f:id:tkuwv:20170322200232j:plain

辛かった。今でも信じられないゴールでした。東京マラソン顛末記にお付き合いください。過去10回のエントリーに敗れ去り、奇跡の当選が10月に決まった。なんと10倍を超す競争率の中、勝ち得た奇跡である。当然ここから猛練習が続くわけだが、年が明けてやっと実感が湧く感じだった。本番前には20〜30キロの距離感を身体に記憶させることが必要となる。速く走ることはないのだ。強く走ることが大事だ。そして不幸やインフルエンザでレース1ヶ月前に2週間ものブランクが生じた。まずいという焦りと不安のもと1週間前についつい走り込みし過ぎた結果がふくらはぎの肉離れ。そこからレース前日までは一走もできない。恐る恐る前日にジョグをすると痛い。これはあかんというのが率直な気持ちであった。
2月26日当日朝に都庁スタート地点に着いたが、諦めの境地もあり、途中どうやってリタイヤしようか、バスで収容されるのもいや、そのまま電車で帰ろうか。結局手荷物を大会本部に預けなかったのもそういう気持ちの表れだったのだろう。小池都知事他の長いセレモニーの後、号砲一発スタートした。青梅街道大ゲートをくぐり新宿の街を過ぎ、防衛省前から市ヶ谷に向かう緩い下り坂で右ふくらはぎに電気が走った。思わず顔を歪めイタタ。飯田橋までも走れないのか。大学の前に居るだろう応援団に何と申し開きすればよいのだろう。頭をよぎったが、騙し騙し走るうちに我慢できる痛みに変わった。理科大前ではつくり笑顔もできたかな、可愛い部下の声援に元気をもらった。神保町、神田と商店街を抜け、いよいよ名所浅草だ。多くのランナーもスマホを掲げてのランだ。雷門を正面に見て右折するとドカンとスカイツリーアサヒビールオブジェが聳え立つ。次は両国の国技館江戸東京博物館を通り過ぎた。清澄、門前仲町と下町を走りやっと半分の折り返しを過ぎた。もともとの痛みは負傷によるが、これからの距離は筋肉疲労による痛みが出てくる筈だ。脚が重くなってきたところで目を上に転じれば銀座の街並みだ。有名ショップ、老舗デパートと銀ブラではないが気が紛れた。数寄屋橋交差点を過ぎ日比谷で30キロ経過。ここに高校同級生が待っているはずだ。しかし、あちらから走り去るランナーを見つけるのは至難の技ではないか。でも交差点曲がってすぐにいたいた。何とかたどり着いたよというメッセージを送って、すぐリスタート。(感謝の言葉も言えなかった。疲れていたんだろうな)あとは品川まで行って折り返して東京駅と道は単純だが、そう甘くはない。スタミナも切れ気味で給水だけでは足りず、給食場ではバナナ、アンパンに手を出した。あっという間に吸収されている感じだ。ボランティアが差し出すチョコやゼリーもありがたい。飲食だけではないのだ。いわゆるエアーサロンパスの類のコールドスプレーの差し出しに多くのランナーがお世話になっている。三田あたりが35キロ。マラソンの正念場に当たる。沿道のプラカードに「これからが楽しい時だ」「10倍の競争率を勝ち抜いたエリートランナー頑張れ」に励まされ、子ども達とのハイタッチに元気をもらう。脚は上には挙がらないが、前に引きずるように歩を進めていく。日比谷公園交差点でまたまた同級生の声が聞こえた。大きく手を振って右折して残り2キロだ。ペニンシュラホテル、帝国劇場と丸の内の石畳の道は狭まり、グッと観衆が近い。ヨボヨボのランナー達はひときわ大きな声援を受け最後の踏ん張りどころだが、レンガのような石畳の路面はダメージが大きい。最後の試練となった。行幸通りはゴールまでの最後の直線だ。右を振り向けばシンボリックな東京駅、そして左に足を向け皇居に向かってゴールイン。長い長い4時間半の道のりだったが、我が東京を心も体も満喫できた。心はゴールをすればあの辛さをケロッと忘れ、次はリベンジだと新たな目標に向かうが、体は正直にも痛みという勲章を今現在も残してくれています。大いなるチャレンジ。皆さんもエントリーしてみては?当たってから悩めばいいんだから。

平成28年10月30日 東海自然歩道(相模湖周辺ハイク)

f:id:tkuwv:20161030082515j:plain

日帰りでどこか面白い山はないか。ふと考えると今年の夏は高尾山によく通ったものだ。そこから派生する登山道があるではないか。東京の明治の森高尾国定公園を出発して大阪の明治の森箕面国定公園まで1600キロを越える超ロングトレイルの「東海自然歩道」だ。遥かなる道のりを夢見てその一部をセクションハイクする。我ながら素晴らしいモチベーションだと自負した。
今回はY嬢、C嬢、S氏と私の4人である。相模湖駅の7時半出発は電車の接続からギリギリと思われたが、1人も遅刻することなく出発出来た。3つの山を越えるよと予め伝えてはいたが、自然歩道という名にみんなは騙された。(舗装路ばかりではないのだ)まず足慣らしの嵐山は400メートルちょっとではあるがいきなりの直登である。息を切らしながらも制覇。雲は広がるが眼下に相模湖が浮かぶ。下山道は旧相模湖ピクニックランドのそばを下った。
2つ目の石老山に向かうが集落を歩くのも楽しい。お喋りに夢中になるとつい道を外すので道標に注意しながら進む。駐車場から顕鏡寺までは奇岩が点在する道を進むと山門からが登山道の入口となった。にわかにハイカーが増えた。
嵐山周囲には人っ子一人いなかったが、ここはどうやら身近な登山コースらしい。頂上でもテーブルを囲むグループがランチを楽しんでいる。ここでサプライズがあった。小生の明日の誕生日を控え、みんなで山頂誕生会を開いてくれた。本当に嬉しかった。友に感謝(╹◡╹)♡(ケーキにワインに舌つづみ)
2山越えるとさあ最後。Y嬢の膝の具合がよろしくない。ここで下りるのも勇気。調子を見ながら進むことにした。「山ビル注意」に恐々歩くも寒くなってきた気候にどうやら出番はなかった。程なく石砂山頂上に到着。ひと休みして下山始めた。本当に最後の下りだ。休みながらもY嬢の膝も持ちそうだ。無事に集落に着くと気になるのが帰りのバスである。何とこのエリアのバスは1日2本であった。朝夕1本づつ。こりゃあ運だ。ひとまずバス停に急げだ。時刻表には16時35分とある。そして時計を見ると16時30分。(^。^)(^。^)(^。^)(^。^)
橋本駅での打ち上げもまさに幸運。開店18時の5分前に到着したのだ。(^_^)v
本当に楽しい「神ったハイキング」デアッタ。

 

平成28年10月23日 千葉アクアラインマラソン完走記

f:id:tkuwv:20161023184824j:plain

週末に最高の風を感じることが出来ました。それは海上を吹く風を全身で受け止め、一歩二歩と走り抜けること。前後には目標を同じくしたランナー達。千葉県木更津市を中心とした千葉アクアラインマラソンです。2年に1回の大会ですが高速道路を占拠できる日本で唯一のマラソン大会として、今年も絶好の天気に恵まれスタートしました。前半20キロはアクアラインを中心とした伸びやかな風景(特に海)の中、まるで滑走路の中を疾走します。やはり前半だけあって余力もあり、気分はハイテンションです。高速入口から海ほたるPAを往復して戻ってくるとほどなくハーフマラソンのゴール地点。さあやっと半分ですが、あと半分の力が残っているかは分かりませんでした。沿道の声援は確かに自分を後押しします。スタート地点では、「いってらっしゃい!」中間地点では、「がんばれ!」の大声援。30キロを過ぎるとドラマの開始です。心と身体のバランスが少しずつ崩れていきます。「勤続疲労」が溜まると、身体は動かなくなり、それを支える心がものすごく頑張ります。でも終盤、坂のアップダウンが続くと心までもが折れ始めます。「止まりたい。止めたい。」3キロおきの給水所では、スポーツドリンクとバナナを両手に一呼吸して、次の頑張りへと心を戻します。ゴールまで身体は戻らないので、心を励まし続けます。35キロを過ぎると声援も「お疲れ様!お帰りなさい!」と変わる。4時間ちょっとの長い旅路が終わろうとしている。市民ランナーは競う相手がいない。だって、みんながそれぞれの目標を掲げているのだから。自分より前を走るランナーの背中って一番の励ましなんですね。みんなが自分と闘っているってことかな。
長いと思っていたこの距離も1キロの積み重ねが42キロになります。1キロ6分で最後までと計画し、途中で時計を意識しながら進む。意外と冷静で順調にすすめましたが、最後の2.195キロは目標外。ここは6分を切らないと4時間以内の完走ができない。やはり、目標以上のペースは上げられずに残念。緻密な目標設定が最後には勝つ?でも、心が充足感に満たされたのはいうまでもないことです。